江戸切子というアート

ガラスアートの技法と類似

ガラス工芸はガラスアートとも呼ばれ、様々な技法が存在します。例えば、日本の伝統的なアートとして、江戸切子が挙げられます。最初に、異なる色のガラスを2層に重ねたコップなどを製作します。その上からカットを施す事によって、複雑な模様が浮かび上がります。類似するのは薩摩ガラスであり、相違点は色被せの厚みです。薩摩ガラスのほうが色被せが厚く、より立体的な模様が施されています。 また、とんぼ玉ではガラス棒をバーナーで溶解し、芯棒に巻きつけて成形をします。表面に細かな模様を施す事が可能です。また、内面に立体的な花を浮かび上がらせる水中花など、作家によって様々な手法が見られます。 どちらも、アートとして世界的に高く評価されています。

体験の目安となる費用について

体験の費用として江戸切子の場合は、技法や工程により異なってきます。費用の目安としては、3千円から6千円ほどです。1日体験では、カットの工程から入るので、色被せをしていないコップに施す事もあります。定期的に通う場合は、1講座あたりの価格となります。より複雑なカットを学んだり、お皿などにも施します。中には、プロの養成コースもあります。 とんぼ玉では、2千円から5千円で体験ができます。また、手法によっては短時間で完成させる事が可能です。もっとも初歩的な体験では素玉と呼ばれる、1色のみで模様のないとんぼ玉を製作します。この場合は、早くて30分ほどで完成します。水中花やパーツの埋め込みなどのアート作品になってくると、時間だけでなく経験が必要になります。